役割意識とがんばってきた自分(セッションケース)

役割意識とがんばってきた自分(セッションケース)

~人にがんばりを求めてしまうときに起きていること~
そこにはまだ、癒されていない傷ついた過去の自分が置き去りにされている
(ご本人の許可を得て、セッション内容を掲載しています)

**************************************

妻として母として家庭を切り盛りする一見元気そうな40代の麻子さん(仮名)

なんでも完璧にやらなくちゃ気が済まない、役割意識から離れられなくて苦しいという悩みで来られました。

あれこれ世話を焼く麻子さんに対して、家族からはうるさいと言われたり、冷たいと言われたりして

どう接していいのかわからなくなったとのことです。

高校生の息子さんとの関係では、息子さんのことを思うと

もっとよくなってほしい、幸せになってほしいという思いが高じて

ついついおせっかいをやいてしまい、しまいには疎んじられてしまうというものでした。

あと少しここを何とかしたら幸せになることが見えてしまうと、黙っていることができずに

余計な口を挟んでしまい、がんばらせようとしてしまうそうです。

************************************

麻子さんの幼少期のお話を伺っているうちに、女性ばかりの三人姉妹の長女で

小さい頃から父親に「跡継ぎはおまえだからな」と言われ続けてきたそうです。

幼い麻子さんはそのことを疑問にも思わず、素直に聞いていました。

やがて時が経ち、大人になって結婚することになったのですが跡を継ぐことをせず

普通にお嫁に行きました。多少反対されましたが、父親も娘の幸せを考えて許してくれたそうです。

祖父母もいる大家族に嫁いだ麻子さんは、ずいぶんと姑とぶつかり苦労されてきました。

今はその苦労を乗り越えて子どもたちも自立し始め、自分の生活を楽しめるようになってきましたが

当時の若い自分の抱えていた苦労や努力を、家族のだれにも理解されずに傷ついたままの

自分がいたことにワークで気づかれました。

父親からは小さい頃から跡継ぎだということで、無意識に長女だからしっかりしなくては

と役割意識を植え付けられ、

結婚して嫁いだ先では、嫁だから、妻だから、母だからと役割にがんじがらめになっていました。

がんばってがんばって乗り越えてきた自分がいるから、人にもそれを求めてしまう・・・

けれど、がんばるために犠牲にしてきた自分が置き去りにされていたために

がんばれば幸せになれる、ということを家族に押し付けていたことに気づかれました。

無意識に役割意識を植え付けられていたことと

がんばりを認めてほしかった当時の自分がいたことに気づいたら

気づきと同時に、当時の自分と今の自分の統合が起こります。

これまでの経験で得たことは、困難を乗り越える力と、人生を輝かせる力だと話されました。

力と輝きを取り戻した麻子さんは、息子さんとの付き合い方にも戸惑っておられましたが

息子さんの中にもかつての自分のように

困難を乗り越える力と人生を輝かせる力があるのだと信じることができ

今度息子さんと話をするときは、頭ごなしにがんばらせようとしなくなりそうだと話され

笑顔で帰って行かれました。

**************************************

このように、今、現実で起きていることの中には

過去のまだ癒されていない自分が気づいてほしくて

人に投影して気づいてもらおうとしていることがあります。

その奥には、痛くて苦しいから自分では見きれない昔の自分の姿が見えてくることがあります。

今回のケースではそれが完璧でないと気が済まない、人にがんばりを求めてしまう原因です。

過去の自分を癒すことで心にスペースができてゆるむ。

ゆるむことでどちらでもいい状態になる。

その状態がニュートラルな自分になることなのです。

本当の癒しとは、どこか心地よいものではなく、どちらかというと身を切るような痛みを伴うもの。

けれど、その先には必ず光が待っている。

闇を観切る力も、超える力も、もうすでに自分の中にあるのです。

あとは、決意と覚悟だけ。

一つ気づかれると、芋づる式に出てくる場合があります。

そうやって一つ一つ自分を解放してあげることができるのは

他の誰でもない自分自身なのです。

 

The following two tabs change content below.
AKO

AKO

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。 詳しいプロフィールはこちら