癒して気づいて現実で生かす

癒して気づいて現実で生かす

カウンセリングの勉強を始めたのは今から9年前。

ひきこもりやニートの方対象の訪問相談と電話相談のカウンセラー養成講座だった。

心療内科のドクターを中心に、NLPや交流分析をベースに対人援助の勉強をした。

参加者は、カウンセラー志望の人と、心の病からの回復期の人とで構成されていた。

カウンセリングとは?に始まり、ラポールの取り方や

・エンカウンターによる自己理解と自己解放

・I’m ok   You’re ok

・ジョハリの窓を使った自分の現在の状態の確認

・傾聴とアサーション

・エゴグラム

などといった、心理カウンセリングに於いての基礎部分である。

どちらかというとコミュニケーションスキルの方であろう。

なぜ、こんなことを書いたのかというと

岡部明美さんに師事してからは、癒しの分野であるセラピー(心理療法)の方に

向かっていったんだなぁと思ったからだ。

もちろん、LPL養成講座では、コミュニケーションスキルも網羅している。

************************************

4月から日本メンター協会のオフィシャルパートナーとして

企業の研修講師を務めさせていただいているが

そこで必要になるのは、人間関係の再構築のための

コミュニケーションスキルの知識である。

職場の人間関係をよくして働きやすくすることが

生産性を上げるためにも大切であるということだ。

どんな研修を創っていくか、ミーティングを重ねているが

そこで出てきたのが上記の心理カウンセリングのジャンル。

実際使ってはいるものの、どこかで聞いたことのある専門用語だなぁというくらい

忘れていた事柄が多かった。

確認を含めて、9年前の資料を取り出し読み直している。

NLPの教科書として使っていたのが

『NLPのすすめ』~優れた生き方へ道を開く新し心理学~
ジョセフ・オコナー/ジョン・セイモア著 橋本敦生訳 (株)チーム医療出版

今読み直しても奥深く、難しいが実践で活用できることが

簡潔に書いてある。

個人セッションで潜在意識に埋もれた痛みを癒して解放し、

実社会である職場や家庭で、人間関係を円滑にするための

コミュニケーションスキルを学ぶために、研修や講座を利用することの

両方が必要だと感じている。

一朝一夕にはいかない。

けれど、【生きることは可能性である】

という考えが私の中に生まれてきたので

両輪で進めていきたい。

The following two tabs change content below.
AKO

AKO

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。 詳しいプロフィールはこちら