ステージアップが訪れると、肚で決めるまで苦しい時もある

ステージアップが訪れると、肚で決めるまで苦しい時もある

日本各地で、台風や地震などの災害に遭われた方のお見舞いを申し上げます。

***************************************

昨夜、ある出来事から、ちょっとショックなことがあってしばらく眠れませんでした。

いろんな角度から考えました。

私、また、変わろうとしているのかも・・・

次に行こうとしているからかな・・・

起きてくる事象からの自分自身の反応は、ただただショックだったのです。

悲しくて久しぶりに泣いた。

落ち込んで体が重くて、しばらく動けなかった。

しんどかったし、苦しかった。

翌日は大切な仕事がありましたが、無理に眠るよりも、

そのことを解決したいという思いが強かったので

自分の心のままに、内観をしました。

”それで、どうするの?”

”だとしたら、なにを選択するの?”

”それって、どんな感じ?”

いくつもの問いを自分に立てました。

そうしているうちに、出てきたのが

”続けること、継続すること”でした。

何があっても、どんな状況に置かれても

たとえそれが、苦しみのもとであったとしも

私はそれをやりたい、継続したい

というのが答えでした。

”わたし”という世界の中で起きてくることの、どれを選ぶのか

という、自分軸の考え方です。

たとえば、相手に合わせる、相手の気に入るようにする、

ことによって、自己犠牲的になるのでは

大切な自分を相手の世界に隷属させてしまうのです。

そこに喜びがあるのなら、それはそれでいいと思う。

けれど、私はもう、そんな生き方をしたくない。

だから、自分を主軸に選択したい。

自分の中の真実に忠実でありたい。

それは、魂の願いであり、

ハイヤーセルフの選択でもあるのです。

”続けるために今の私には必要だから、それを選ぶ”

という答えが出てからは

いつの間にか眠りに落ちてました。

ショックな出来事は、私への問いかけでした。

ある意味、覚悟のようなものができたのです。

覚悟ができればあとはもう、これからも訪れるであろう

似たようなショックな状況に見舞われても

自分を見失わずにいられるし

私を尊重できる。

翌朝は、すっきりと目覚めました。

その覚悟と共に、自分の人生を歩いて行こうと決めました。

苦しいときもあるけれど、続けようと思わせる何かがある。

好きなことだと苦にならない。

これからは、どんどん自己表現し

自分を開いていくつもりです。

可能性は無限。

その無限の可能性の中で、生きていく。

大きな決め事が私の中で成されたのです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
AKO

AKO

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。 詳しいプロフィールはこちら