昔、自分で救急車を呼んで病院に行ったことがあります

昔、自分で救急車を呼んで病院に行ったことがあります

今から25年ほど前、OLの時に1人暮らしをしていました。

その日は昼食後からかなり腹痛があり、午後から休みをとって病院に行きました。

痛みの原因はわからなかったのですが、まだ我慢できる状態だったので

痛み止めの注射をしてもらって帰宅。

しかしその日の夜遅く、トイレで激しい腹痛を起こして動けなくなってしまったのです。

脂汗のようなものも出て、吐き気もありました。

いつもと違う・・・

”このまま死んでしまうかも”・・・という思いがよぎりました。

しばらく耐えてから這うようにして電話をとり、119に電話。

あまりはっきり覚えていないのですが、

この程度で救急車を呼んでいいのかどうか、聞いた覚えがあります。

「行きますから、玄関のかぎを開けて待っていてください」

親切な救急隊員さんが応対してくれました。

マンションの4階に住んでいたのですが、

申し訳なく思い、1階近くの階段に座り込んで待っていると

ほどなくして、救急車が到着。

状態を話して、救急車に歩いて乗り込みました。

近所の人たちが心配そうに集まっています。

近くの外科へ運ばれ、血液検査をしました。

医者たちの声が聞こえます。

「測り間違いじゃないの?」

「もう一回検査する?」

私の白血球の数値が尋常じゃなく高かったらしいのです。

再検査しても数値は変わらず、大きな病院を紹介されました。

救急車は症状の確認をすると、帰っていきました。

私は動けたので、タクシーで大きな病院まで1人で行くことになりました。

「1人で大丈夫です」とかなんとか、話していたと思います。

(我慢しなくていいのにねぇ~と今の私なら思うのですが、まだ遠慮深かった時代です・笑)

が、しかし、そこで困ったことが・・・

タクシーに乗ってから気づいたのですが、財布に現金がない!

外科で支払ってしまい、財布には1000円しか残っていません。

当時はまだ、タクシーでクレジットが使えませんでした。

運転手さんに「お金が1000円しかないので、行けるところまで行ってください」

とお願いしました。

(そこからどうするのか?と思いますが、歩いていくつもりだったのか覚えていません)

私の様子を心配そうに見ていた運転手さんが、

「大丈夫。1000円で着くように運転するから」と言って下さり、

なんとか病院に到着。

(いろんなワザを話してくれました)

そして私は、そのまま入院となりました。

病名は「急性虫垂炎」・・・盲腸でした。

結局手術はせず、薬で散らす治療をしました。

親切な救急車の隊員さんと、

やさしいタクシーの運転手さんに助けられて、

今の私がいます。

救急車やタクシー、システムや手段かもしれませんが、

動かしているのは”人”です。

仕事とはいえ、やさしい気持ちや親切な心に

私は助けられたのだと思っています。

 

 

The following two tabs change content below.
AKO

AKO

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。 詳しいプロフィールはこちら