それは誰の問題?

それは誰の問題?

苦しいときは、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

それは、誰の問題ですか?=それは、誰の領域ですか?

大概苦しいときは、相手の領域に入り込んでいます。

相手の領域とは、相手が考え、発言し、行動し、態度で示すことです。

相手の自由です。

こちらではどうすることもできません。

***************************

私たちができるのは、自分の領域を取り扱うことだけ。

自分がどう考え、何を発言し、どんな行動をとるか、どんな態度をとるか、

決められるのは自分です。

****************************

そして、相手も自分も入れない領域があります。

それは、神の領域。

生と死は神が取り扱う領域。

私が思うに、人との出会いと別れも

神が取り扱っているのではないかと思います。

****************************

取り扱えるのは自分の領域だけ、ということは

相手がどうであろうと、私たちには選択の余地があるということです。

そして、選択する時に大切なのは、どこの意識からの選択か

ということです。

何を望み、何を意図し、何を願い

どんな人生を送りたいのか、まで思いをはせると

どんな選択がベストなのかが、おのずと見えてくるでしょう。

自分の領域に留まって、ベストの選択をすること。

そこにコミットすることで、相手のエネルギーに巻き込まれなくなるでしょう。

自分の人生のかじ取りをするために、自分軸で生きるために

揺れても戻るところ、繰り返しても思い出すところとして

苦しいときには、自分の領域に留まっているか

確認するとよいでしょう。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
AKO

AKO

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。 詳しいプロフィールはこちら