大きな視点とふかんする意識

大きな視点とふかんする意識

突然、思いもよらぬ出来事に遭遇したり

病気になったり

事故にあったり

人間関係が崩れた時

どんなふうに過ごしていますか?

何もできない

なすすべもない

流されるしかない・・・

そういうときもあるでしょう。

*****************************

では、出来事のとらえ方はどうでしょうか?

何でこんなことになったんだ

自分のどこが悪かったんだ

あいつのせいだ

あの人さえいなければ・・・

誰が責任を負うべきか

誰が責めを負うべきか

原因を求めて、頭は考え続けます。

*********************************

そこに果たして答えはあるのでしょうか?

そして、仮に自分のせいだと自分を責めたり

あの人が悪いと、誰かのせいにして

原因を突き詰めたところで

得られることはなんでしょう?

幸せになれるでしょうか?

前進するための

平和的な解決とは何なのでしょうか?

人生に起きた出来事が糧になるためには

どのようにとらえたらいいのでしょう?

どんなふうに受け取って、どう考えたらいいでしょうか?

*******************************

それは

大きな視点を持つことであり

少し離れたところから

ふかんする意識を持つことだと思います。

自分の人生において

この出来事は

何を意味するのか

何に気づくために

何を学ぶために

起きたことなのか?

という大きな視点をもって

出来事を眺める

ふかんする

そうすることで見えてくることがある

気づくことがあるということです。

なぜなら、私たちは出来事から学び、経験し、成長するために

生まれてきたから。

出来事をどう受け止め、扱うかで

人生は豊かになりもすれば

意味のないものにもなりうる。

そこまで選択できるよう

私たちには自由意志という権限が

与えられているということでもあります。

********************************

ではどうしたら、大きな視点を育てることができるのでしょうか?

それはいたってシンプル。

自分の状態に気づくこと

気づく視点を持つことが大切になります。

出来事に飲み込まれても、飲み込まれていると気づいて

自分に戻る訓練をする。

感情的にかき乱されても

今、感情的に巻き込まれていると気づいて

自分に戻る。

ぐるぐる思考がやまない時に

深呼吸して肚に意識を落とす。

自分の中心に戻る練習を何度も何度もする

気づいてはもどる

気づいてはもどる

その繰り返しだと思います。

そうしていくうちに、どんどん気づきのスピードが速くなる

自分に戻るのが早くなる

やがて

意識が広がってゆくのを感じ

大きな視点が自分の中に育っていることに気づくでしょう。

その自分は、少々のことには動じない自分になっている。

動じても大丈夫だという自分になっている。

自信と信頼が育っているのです。

**********************************

自分に戻るとは、自分の中心とは何なのでしょうか?

あなたはそう聞かれたら、体のどこに手を当てたくなりますか?

胸でしょうか?

おなかのあたりでしょうか?

気になったところにしばらく手を当てて感じてみましょう。

3回深呼吸を繰り返して、どんな感じがするか味わってみましょう。

自分に戻るところは、あなた自身が知っているのです。

頭で考えてわかるのではなく、体が知っています。

そこが、あなたの中心。

あなたの戻るところ。

たましいの座する場所でもあります。

わかりにくいと感じたら、何度か試してみましょう。

イメージの力を使ってみましょう。

だんだんと感覚的にわかってくるでしょう。

ここだと感じる、自分の感覚を信じる。

それでいいのです。

そこに、正解も不正解もありません。

 

The following two tabs change content below.
AKO

AKO

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。 詳しいプロフィールはこちら