何が力を奪うのか?

何が力を奪うのか?

「だったらその仕事、やめていいから」

先日夫に言われた言葉です。

心理セラピーの仕事をするようになってから、

週末の外出や外泊が増えてきたことに対して

”食事が困る”という理由で私に投げかけてきた言葉。

「あなたの都合に合わせて私は生きているわけではない」

少し前の対抗意識のある私だったらそう言い返して

ケンカになっていたことでしょう。

「だってあなただって昔は・・・」

と過去を持ち出して泥沼化するのも見えてきます。

さて、夫の言葉の裏には何があるのでしょう?

”休みの日にはそばにいてほしい”

”一緒に過ごしたい”という思いの裏返しです。

言葉の表層しかとらえられずに

相手をおもんばかることができなかったときは、

言われた言葉に反応して、泣いている私がいました。

言われた言葉から連なって出てくる

様々な思い込み、信じ込みが私を苦しめ、

行動を制限し、夫のせいだと恨んでいました。

夫は私を束縛する
夫は私の自由を奪う存在だ
夫といる限り私は幸せにはなれない

実は、このような思い込み、信じ込みが力を奪うのです。

力を奪うのは、相手でも、相手の言葉でもなく、

そこから連なって出てくる信念体系なのです。

このような思い込みや信じ込みを解除するワークがあります

→バイロンケイティワーク

一番身近な人の言葉がきつく感じるし、こたえる。

一番身近な人の言葉が応援や励みにもなる。

言葉の表層に反応する自分から

言葉の裏側、背景にも思いをはせられる自分になれたら、

人とのコミュニケーションも、

もっと豊かに充実したものになるでしょう。

なにより、相手の存在が悪いのだと思わなくてすむし、

言葉によって私の存在を傷つけられるわけではないという事実は

人生そのものをふんわりとやさしく受容できる

ということが、私の力になってくれています。

The following two tabs change content below.
AKO

AKO

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。 詳しいプロフィールはこちら