何事もない日々の尊さ

何事もない日々の尊さは、何かあったときに実感するものだなぁ、とつくづく感じます。

母がひざを悪くして、あまりに痛むため、ついに手術をすることになりました。

どこで手術を受けるか、に始まり、あらゆることを相談しながら進めているのですが

遠方に住んでいるため、そばにいてあげられないもどかしさと、

母の気持ちを尊重したいのについつい言い過ぎてしまう、

いつまでたっても至らない娘だと思い、

気持ち的に少し落ち込んでいました。

肝心な時にそばにいてあげられないもどかしさをたどると

またしても、そんな自分を責めていることに行きつくのでした。

母には母の人生がある。

私が今できることをすればいい。

最後はそこに着地しました。

何でこんなになるまで放っておいたんだ!気づかないなんて!

と、自分を責める怒りの心の声の、その奥には、

これからどうなるのだろう?という未来への怖れがありました。

寝たきりになったらどうしよう・・・

あーなったら、こうなったら・・・もう、エンドレスです。

そして、あーしたから、こうしなければ、という過去を悔やむ気持ちもありました。

過去と未来を行ったり来たりで、まったく今にいられない状態というのは、苦しいものです。

苦しいときは、今にいない時、といっていいでしょうね。

心配はするもの。だから悪いことではないけれど、

母の生きる力を、生命力に信頼を寄せたいと思いました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。
詳しいプロフィールはこちら

目次