心理セラピストが自分らしさを大切にしていくと仕事はどうなっていくのか

心理セラピストが自分らしさを大切にしていくと仕事はどうなっていくのか

令和2年、新しい年が幕開けしました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はできるだけ投稿を増やしたい、コンスタントに投稿していきたいと思っています。

『心理セラピストが自分らしさを大切にいていくと仕事はどうなっていくのか』は後半につながっていますので最後までお読み頂けるとうれしいです。

昨年は投稿数が少なかったです。なぜなら、何のためにブログを書いているのかわからなくなって動けなかったのです。

心理セラピストとしての仕事は順調で、多くの方々と関わる機会を頂いた昨年。

これといって心理セラピー受けてみませんか?という営業活動をしなくても、ほぼ100%ご紹介で仕事として成り立っているということもあって、

営業的にブログを書きたくなかったし、呼び込みなどする必要もなく、ご縁のある方々とつながっていく流れがとても興味深く、面白いなと少し離れて眺めている自分もいました。

それじゃ、私はどんな時にブログを検索しているのかな?と考えた時、やはり、困った時なのです。にっちもさっちもいかなくなって、つらい思いや苦しい思いをした時に、答えを求めて情報を得たくてブログなどの検索をしています。

ならば、そんな人たちのために少しでも役に立ちたいと思ったわけです。

私がどこの誰とも知らない人のブログを読んで助けてもらったように、私も助けになりたい。

「そっか、そういう考え方もあるよね」とか「この苦しい思いはこう扱ったらいいのか」などのヒントになればうれしいなと思います。

どんなセッションをしているのか、というご紹介も少しずつやっていくつもりです。

私のセッションは多岐にわたっています。長年、マニアックといえるほどいろんなところで学び続けているのでセッションスキルは幅広いです。

心理セラピーへの興味関心はどこまでも深く、大好きなのです。人が好き、心という不思議を探求し続けていきたい。

どんな人をターゲットにするか絞った方がいいといわれますが、逆にどのような方々がご紹介でいらしているか、お伝えしましょう。

それは『初めてセラピーを受ける人』です。

セラピーはメンタル不調の方のものだけではないのですよね。

セラピーとはそもそもどんなものなのか?どんなことをするのか?何が得られるのか?期待していいのか?大丈夫なのか?

受けたことのない人にしてみれば、いったい何をされるのか、怖くもあるでしょう。それゆえご紹介だと安心ですよね。その時点で信頼関係がある程度できているから。

クライアントさんのファーストセッションに寄り添います。

つまり、初めて本当の自分に出会うお手伝いをしているとも言えるでしょう。

なぜ私が選ばれるのか?

安心感、安定感、地に足がついている、信頼できる、優しい雰囲気なんだけど、必要なことはちゃんと伝えてくれるし、的を得ている、などの理由を頂いています。

ふんわり包み込むような優しさ、あり方は、おそらく私自身が息子二人を育て上げる過程でたくさん迷い、失敗し、泣きながらも育まれてきた母性からくるものかもしれません。

その母性は、地球の女神性にもつながっているのではないでしょうか。

つまり、クライアントさんの中にすでにあるものをただ映し出しているともいえるでしょう。女神性の中には、男性性と女性性の両方が含まれています。

何となく生きづらい、これまでの生き方を変えたい、繰り返す人間関係の不調和を変えたい、本来の自分らしく生きたい、人生を謳歌したい、などなど、ご自身の人生を一度見直して、新たに生きなおしたい、という方がご紹介で多くいらっしゃいます。

ここでようやく、タイトルの『心理セラピストが自分らしさを大切にしていくと仕事はどうなっていくのか』に触れられます。

心理セラピストは、山のようにいます。個性特徴スキルも様々。

そんな中でどう仕事になって、人とつながっていくのかを考えた場合、

大切なのは自分らしくあること、背伸びしないこと、等身大の自分でいることだと思っています。

そうしていたら、自然に輝いています。私こんなに輝いているのってアピールいらない。

自然に自分のエネルギーと響き合って出会いが訪れるのです。ご縁が結ばれていくのです。

魂レベルの大義もここに含まれると思います。

背伸びしないも、等身大の自分も、小さく収まることではないんですよ。枠をぶっ壊すことも時には必要でしょうが、要はぶっ壊し方ね。

自己開示と自分をさらけ出すことが違うように、この社会で生きているうえでは社会規範というものがあって、それを大人として理解したうえでこの社会とどうかかわるかが大切なんです。

社会規範自体も固定されたものではなく、揺らいで常に変化していくものだと知ったうえで、どう生きていくかなんです。

ちなみに、自己開示は私という人間を知ってもらうための自己紹介のような感じで、自分をさらけ出すとは、一見、自己開示に見えるけれど開示した後に自分がなんかモヤモヤしたり傷ついてしまうというところが違いかなと思っています。

自分を小さくしたり、自分らしさからかけ離れる要因になるモラルはいらないけど、人を不幸にしたり悲しませたりすることのないためのモラルは守らなくてはいけないの。

正しさではなく、自分の中の愛と誠とともに、人様に礼を尽くしていく、その結果がおのずと仕事につながっていっているのだと思います。

すべてはご縁です。ご縁つながりです。

自分をよく見せようとか、格好つける必要はないし、そんなメッキはこのご時世すぐにはがれてしまいます。

メッキと思うなら、そうせざるを得なかった自分の痛み、心の傷を観て癒していくしかないのですよね。自分を責める材料にするのは時間の無駄です。

自分を信じて赦して受け入れること、愛すること、愛した分だけ人とのご縁は深まっていきます。

自分らしさって、なに?と思われたら、気が向いたらセッション受けてくださいな。

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
AKO

AKO

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。 詳しいプロフィールはこちら
AKO
自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。
詳しいプロフィールはこちら