一人ぼっちと三日月の空

強気も弱気も
意地もプライドも
孤独も一人ぼっちも
愛のもとに置いて

星のまたたきにも追いつかない一生を

雨上がり
夕暮れ時の散歩
焼き魚のにおい
三日月が空を飾る

風がなつかしさのかすかな気配を運ぶ

生々しい生の漂い
いのちのうずき
生きる痛み
彼方からのささやき

たった一人この世に生まれてきた憂い

さみしさも豊かさも
一人ぼっちの心もとなさも
溶けてゆく愛の粒子に
輝きを放ちながら

たなごころ合わせ受け止めるのは君

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自然療法オタクの心理セラピスト・カウンセラー・・・転勤族の専業主婦から”自分の人生を生きる”ことにコミットして天命使命を生きている。『今ここから、いつだって気づいた時が人生シフトのタイミング!』人生をクリエイトする力は、誰もが持っている。ハートからあふれる言葉を綴ります。
詳しいプロフィールはこちら

目次